juice or quince

テレビとかいうオワコンでマイクロファイバーとして働く

ノンフィクション

どうも

この秋から月1のペースで整体に行ってるんですけど
身体がバキバキです。ゆがみまくってます。
ホワイトシフトになってからもバキバキです。
整体師曰く「身体的負担が少なくてもストレスが強いと異常が出る」ということらしく。

さっすがストレスチェックで精神的ストレス、身体的ストレス、疲労、うつ、ストレッサーの数で5冠を達成しただけあるね。すごいわ俺。

…あーうっせーな
WANIMAのクソ前向きな曲と生きてて楽しいっす!感に苛立ちしかない
しかしチャンネルを変えるのも面倒くさい

ということで参りましょうクソドラマクランクアップのトラブルその2。


前回は豚奴ことAPがメインキャストのある女優の花束を注文し損ねていたという衝撃の展開でしたが

次は最近なりを潜めていた2nd野郎ども。久々のご活躍です。

2ndは1人があまりにもの実力不足(10年目の局員)ということで半分クビみたいになりましてエキストラ専門になり(のわりにドタバタ変わらずの無能ぶり)
1人お手すきのADが加入したのですが
これがまたマジでお手すきなだけの奴が召喚されてしまいまして。しかも営業とか編成とか無駄に渡り歩いてるので年次が無駄に上なんですよ。
なのにADはこれで3作目みたいな。
…部長はバカなのかな?
我が局は現在深刻な人材不足を迎えているようです。

とまあそんな感じで数増えただけで能力は大して上がっていない典型的な人件費の無駄状態なのです

で、この日も結構な人数のエキストラを使いまして。
数日に渡るなかなかの長丁場だったので僕としては早く帰してあげたいわけですよ。
セットの中は照明とか人で熱いし、セットの外はスタジオと言えども空調0だから寒いし


ラストカット、ま俯瞰のカットに入りました
僕「エキストラ連れて行かないのかな」
僕「絶対映ってねえよな」

スタンバイ→テスト→本番→チェック
(20分以上経過)

僕「そういやエキストラまだいるよな…」

僕「エキストラ連れてかなくていいんですか」
2nd「ああああああまだいいようん」

説明しよう!
特典映像にありがちなクランクアップの「@@役××さんオールアップです!」はドラマの場合2ndが言うのだ
(クランクイン、誕生日も同じく)
これをミスったり噛んだりタイミングが遅れたりするとばちぼこ怒られるのだ!

僕「とはいえ僕に連れて行かせればいいのになぜ頼みすらしないのか」

放置プレイされてたエキストラがセット外に追い出される。既に追い出されていたエキストラと共にセット外で立って待機。

チェックOK、クランクアップ。
無駄に役の多いクソドラマ、俳優が7人挨拶×1-2分

当然エキストラなど邪魔でしかないのでクランクアップの見える位置にはいない

僕「んんんんなぜさっき帰さなかった」

そして記念撮影。
何も楽しくない現場だったので真顔で納まる。

乾杯の前に技術や美術が機材等を片付け20人近くのエキストラは物理的に邪魔になる
しかし2ndの馬鹿どもは3人もいるのにいなかったりせこせこ動き回ってたりして話しかけられない。

美術「あの人ら何?」
僕「エキストラです、もう30分以上はあんな感じで放置されてます」
美「帰してあげたら?可哀想」
僕「あざーーっす」

もはや乾杯の価値がないと判断した僕は可哀想なエキストラを控え室へ。
控え室に連れて行ってから10分後ようやく気づいた2ndが焦ってやってくる。アホ。



そんな感じっす。
エキストラといえども扱いが雑すぎやしないか
酒飲んだ状態で連れ出すつもりだったのか。


うーんこの。