juice or quince

テレビとかいうオワコンでマイクロファイバーとして働く

42.195kmのち

ども


GW終わりましたね。

今回は収録ネタに余裕があるので僕はGW関係なく14時ぐらいに出社してます。クズです。


なぜ番組を変えたのか、ですか。


まあ忙しさでそれなりに身体が脆くなってきた

ex.紙補充しようとA4の紙束持ったら重たさで爪割れた

のは否定しませんよ。ただ、まあドラマほど酷くはない。


僕がここを辞めるのは忙しさというより、良い人間関係を築けなかったからですね。よく言うと。

悪く言うとついて行きたい人も引っ張って行きたい人もいない、頼りづらすぎる上司、なじりがエグい先輩、助け合いの精神をとうの昔に失ったADども。


キツい。


収録3日前に班のチーフが飛ぶ(アンパンマンで顔濡れたタイミングでバタコとジャムおじ消える)という悲劇に見舞われた僕ですが

この経験を通じて学びました。


あ、やべえここ誰も助けてくれねえわ。次あったら確実に俺が飛ぶ。


ということです。

いやーキツかったですよ。


収録3日前となると、編集室(通称:箱)にガッツリ入り浸ることになるのですが。

暇そうにみえてナレーション原稿用意したりタイム入れたり、音データを音効に送ったりとか結構大変なんですよ。

しかも小型サーバーを失ってますからね。こちらで諸々探して。

聞いてない知らないのオンパレードですよ。僕もこのネタの仕込みの時いなかったし。


ただ班員も班員でネタが結構ギリギリだったり、AD歴3週だったり、もう辞めるからとやる気0で1を0.8ぐらいでしか仕上げてこないやつとかですね。エグいんですね。


で、誰も助けてくれないの。


どうなってるんだよとLINE上でキレてくるだけ。20人ぐらいADいるけど手伝ってくれたの1人ですからね。すごい。

あれもこれも局員だからお前が行った方がいいしか言われない。わからないまま行く。人の分まで怒られる。


もうドタバタもドタバタで。

あとディレクターのなじりも炸裂してですね。

フィジカルもメンタルももうボロボロで横たわってると「なんで疲れてるの?」


ヤンキー漫画ばりの煽りですね、オラまだやれんだろコラみたいなね。

午前3時ですね。


あー無理。無理だ。



これから就活始まるひともいるかもしれない(遅いけど)

言っておきたいことがある。



しんどいとき

「何やりたい」「こんな人になりたい」「こんなもの作りたい」

なんて即吹き飛ぶからな!!!

「寝たい」「腹減った」「安全な場所に行きたい」「誰か頼りたい」


マジでこれしか無いからな


f:id:bokekoc:20180508002858p:plain



それでもクリエイティブや諸々の条件のためにブラックを飲んで志望する諸君!これだけは守ってほしい。


ちゃんと「人」で選んでほしい。


隅から隅までクソ野郎しかいないけどやりたいことはここにあるからなーで選ぶとロクなことがありません。多分あなたはやりたいことを成す前に死にます。


たとえ素晴らしい仕事をしているなと思ったとしても、クソ野郎しかいないならやめた方がいいです。

素晴らしい仕事をしている人だからよくわかんない人だけどきっといい人だ、なんて期待は捨てましょう。


人間性なんて意外と第一印象と変わらないものです。


僕はギリ、人で選んだところがありました。その人が助けてくれました。


逆にその人以外には全く助けを求められなかったのですが。

やはり体育会系の少しバカみたいなやつが1番好かれる職場ではあるので、完全に逆の僕は気に入られませんでしたね。

僕も僕で、どう振る舞えばいいのかわからず、自分なりに…を頑なに続けた結果、受け入れられませんでした。

それでなくてもこの職場、ブリザードドライです。


普段結構好かれてる、いじられてるADがいたんですけど

収録週に明らかに体調を崩して。まあディレクターのハードヒットとあってかなりしんどそうだったのですが。

誰も手を貸さず。トイレで吐いてたと聞いたので「大丈夫?帰った方がいいんじゃない?」と言ったのですが「大丈夫です」と

周りに「あいつやばいだろ」と言っても「まあでもやらなきゃいけないしな」


日に日に衰弱していきましたからね。で、収録終わってしばらく休みました。胃腸炎だと。


彼は真面目なので

1週間後、飛ばずに戻ってきました。

転職活動をして。


エグいなあと思ったんですよ。

それと同時に思うんです。

普段これだけ好かれてる奴でもピンチのとき全然助けてもらえないんだ。見殺しにされるんだ、と。

なら僕はどうなるんだろうと。


それぐらいからADに対して懐疑的になりました。

所詮見捨てられる存在なら目をかける必要もないなと。


で、予想通り今回も手は差し伸べられず。

それでもボロボロで収録を終えて、なんとか乗り越えたと。


AD打ち合わせやるからと集められた部屋で。今後の予定とさすがにチーム編成変えるかなと思ってたら。


ボロクソですよ。

まーボロクソ。


「飛んだあいつだけが悪いわけじゃない」

「お前らクソ過ぎ」

「いい加減にしろ」


唯一手伝った女ADが学級委員長みたいな怒り方したのはまあいいですよ

何故特に手伝ってもらった記憶もないやつらに言われなきゃいけないのか。

あと見ないふりしてる奴ら。

(後日話したら「え、あの人そんなこと言ってたっけ?」としらばくれてました)


そしてタイミングよ。

ラソン42.195km走り終わってあーなんとか行けた…ぜえぜえ…と倒れようとしたらすかさず寄ってきて「お前遅過ぎ。フォームもテンポも全部クソ」って言われるようなもんです。1回目のマラソンなんですけど…実業団ならまだしも…


これで僕のモチベは0

そしてこの番組でやってける自信も0


そしてチーム編成も変わらず、しんどいと各所に言ってるにも関わらず

他のADは自分の班をガッチリ守り

僕の班は番組来たばかりのADばかりぶち込まれる。実力もわからないやつらが。


局員だから仕方ないの一言で。


もうここまできたら追い出されてるんだなと思いますよ、思っていいでしょ。


無茶ありますもん。マジで。

しかもこのあと本編(スタジオのVTRも加えて再編集した、オンエアに乗せる最終形のこと)作業で2日潰れてますからね。

休み?2週間以上1日もとってませんが何か?

本編なんて全く関わってないネタだしこれまた諸々の情報は飛んだ久保田が持ってるし。収録の後、総合演出に言われてたこと全然進めてなかったらしく、その尻拭きに奔走しましたよ。


あ、言うまでもなく

頑張ったなとか大丈夫とかそういうのは1つもありませんよ。



もう生贄なんです。消耗品、使い切り。見切り品。

このままいたら、使い切られる。潰れる。何も作らないまま。


たしかにこの番組は僕の作りたいとかなりたいに近い存在があった。


でもここにいたら、僕は何かを作る前に確実に壊れる。しんどいことは必ず来る。次きたらおしまい。救いどころか仕打ちが待ってる。

何も作れないまま潰れる。


それはあまりにもしんどい。